ニュース

お知らせ

第7回 「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞審査委員会特別賞を受賞しました

2017年2月28日

  2017年2月27日、ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、「人を大切にする経営学会」(会長:坂本光司(法政大学大学院教授))・「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞実行委員会(実行委員長:清成忠男(事業構想大学院大学学長、元法政大学総長))が主催する第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「審査委員会特別賞」を受賞いたしました。


ゾーホージャパンは次の点が評価され、受賞に至っております。

  • 「人の役に立ち、人と喜びを分かちあう」の経営理念に則り、雇用待遇面、障がい者や高齢者雇用面、社会貢献性等、人を大切にしている。
  • 50名以下で法定雇用の義務はない中、雇用が難しいと言われる重度や精神の障がい者雇用を行っている。 在宅ワークやフレックス制導入などにより、障がい者、育児休業者も継続して働ける環境づくりを進めており定着率が高い。
  • 経営状況について常に全社員と共有化できるような仕組みである。

外資系企業の選出は同大賞史上初めてとなります。


  「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞とは、日本の経済に、日本のすべての働く人に、本当の活力を生み出すために「正しいことを、正しく行っている企業」を表彰する顕賞制度です。詳細は、「日本でいちばん大切にし たい会社」大賞のウェブサイトを参照ください。


本件に関するお問い合わせ先

ゾーホージャパン株式会社 総務部
jp-info@zohocorp.com