ニュース

プレスリリース

ネットワーク管理システム開発プラットフォームの最新版「WebNMS 5」をリリース

2009年1月26日

アドベントネット株式会社(代表取締役: 山下 義人、本社: 横浜市)は、ネットワーク管理システム開発プラットフォームを機能強化し、「WebNMS 5」 (アドベントネット ウェブ エヌエムエス5) として、本日、販売を開始すると発表しました。

発売の背景と狙い

アドベントネット社は、2001年より、「WebNMS」日本語対応版を提供し、信頼性の高いネットワーク管理アプリケーションの効率的な開発を支援しています。「WebNMS」は、モトローラ、アルカテル・ルーセント、エリクソンなどの通信機器ベンダを中心に、通信キャリア、システムインテグレータなど世界中の多くの企業に採用されており、日本国内でも山洋電気、東芝ITサービスのOEM (相手先ブランド製造) などで採用されています。
最近では、国内の通信キャリアによる採用が増加しており、日本の顧客の厳しい要求に対応できる製品として、その機能、性能、および信頼性が認知されてきています。今回リリースされる 「WebNMS 5」は、さまざまな機能強化により、パフォーマンスや開発の生産性を向上させた製品です。さらに使いやすくなったこの製品により、日本国内のサービスプロバイダやOEM向けネットワーク管理システム市場を継続的に開拓し、拡大していきます。

製品概要

WebNMS 5 は、ネットワーク管理システムのJava開発プラットフォームを提供します。ネットワーク管理システムの開発や設定のための各種ツール、ウィザードがバンドルされており、短期間で効率よく、ネットワーク管理システムを構築することができます。また、大規模ネットワークの管理や信頼性の向上のための機能があらかじめ提供されているため、あらゆる管理ニーズに対応するネットワーク管理システムを構築することができます。さらに、標準化された技術を利用しているため、他のシステムとの連携が容易で、長期的に使用できるシステムを構築することができます。
自社の製品やサービスに優れた運用管理機能という競争力を付加することができるので、競合他社に対する差別化を図り、自社の製品やサービスの競争力を向上させたい企業、機器ベンダや通信キャリア、サービスプロバイダ、システムインテグレータなどに最適の製品です。

機能概要

WebNMS 5 は、さまざまなネットワーク管理システム(NMS)、エレメント管理システム(EMS)に必要な基本機能を有し、クロスプラットフォーム開発フレームワーク、開発支援ツール、モジュール、API、国際化機能など、ネットワーク管理ソリューションに必要な開発プラットフォームを提供します。柔軟性が高く長期的に利用できる管理ソリューションを実現するために、JAVA、XML、JMX、HTTP、JSP、Servlet、JDBC、JTA、CORBAなどの標準技術を採用しています。
管理システムと機器との通信には、SNMP、TL1、FTP、TFTP、CORBA、Telnet/CLIプロトコルをサポートしています。OSSや BSSとのシステム連携のために、CORBA、RMI、JMX、SNMP、TL1、HTTPなどの上位システム向けインターフェースもサポートしています。また、信頼性を向上させるために、フェイルオーバ機能も装備しています。

新機能および改良点

今回のリリースでは、主に、次のような機能の追加や拡張を実施しています。

  • Hibernate Version 3.2.6.ga を「WebNMS」の永続化フレームワークに統合(これにより、Hibernateのオブジェクトモデリング、コネクションプール、トランザクションサービス、キャッシング機能が利用可能)
  • 監視アプリケーションのJavaソースファイル生成ツールであるWebNMS StudioをEclipseプラグインとして提供し、開発効率を向上
  • 分散ポーラー機能を提供することにより、ネットワーク上の装置からパフォーマンス情報を収集するポーリングエンジンの分散が可能になり、データ収集のパフォーマンスを向上
  • サポートデータベースとして、PostgreSQLを追加
  • Java開発環境として、JDK1.6をサポート
動作環境
オペレーティングシステム Windows XP、Windows Vista、Windows 2008、Solaris 10、 Redhat Enterprise Linux 5.0/ AS 4.0、Redhat Linux 9
Fedora 9
データベース Oracle 11.1.0.0.0、MySQL 5.0.44、Sybase ASA 10.0.1.3415、SQL Server 2005(9.00.1399)、PostgreSQL 8.2.4
ライセンスと価格

開発ライセンスと開発されたアプリケーションを運用環境で稼動させるためのランタイムライセンスが必要です。価格はすべて、オープン価格です。

製品名 価格(消費税別)
AdventNet WebNMS Professional Edition
開発キット ライセンス
オープン価格
AdventNet WebNMS Professional Edition
BEサーバランタイムライセンス
オープン価格
AdventNet WebNMS Professional Edition
FEサーバランタイムライセンス
オープン価格
AdventNet WebNMS Professional Edition
分散ポーラーランタイムライセンス
オープン価格
AdventNet WebNMS Professional Edition
クライアントランタイムライセンス
オープン価格

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。

プレスリリースについてのお問い合わせ

【報道関係の方のお問い合わせ窓口】   当社 マーケティング部 広報担当

【報道関係以外の方のお問い合わせ窓口】   当社 営業部