ニュース

プレスリリース

ゾーホージャパン、トラフィック監視ツールをバージョンアップ
− 「ManageEngine NetFlow Analyzer Professional Edition 8.0」をリリース−

2010年5月11日

 ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:山下 義人、本社:横浜市)は、ネットワークトラフィック監視ツール「ManageEngine NetFlow Analyzer Professional Edition/ Professional Plus Edition」 をエンハンスし、「リリース8.0」 として、本日、出荷を開始します。

製品概要

 ManageEngine NetFlow Analyzer(以下、NetFlow Analyzer)は、米国Cisco Systems社のTechnology Developer PartnerであるZOHO Corporationが開発した、Webベースのネットワーク帯域監視ツールです。Cisco NetFlowおよびsFlowテクノロジを利用し、さまざまなネットワーク機器のインターフェースを通過するトラフィックの詳細なデータを取得します。このデータを解析し、アプリケーションやユーザのネットワーク帯域利用状況に関する情報をグラフやレポートにより、分かりやすく提供します。それにより、ネットワークの障害解析やキャパシティプラニングも容易になります。
 今回のリリースでは、NetFlow v9サンプリングをサポートするなど、各種新機能を追加しており、旧リリースの7.5から価格を据え置いたまま、さらに使い勝手の良い製品になっています。オプションで、IPSLA/VoIPネットワークのジッタ、待ち時間、パケット損失などを監視する機能が追加されています。

機能概要

 NetFlow Analyzer Professional EditionおよびNetFlow Analyzer Professional Plus Editionの主な機能は次のとおりです。

  • 帯域利用状況分析
    NetFlow Analyzerは、Cisco NetFlowおよびsFlowが提供するネットワーク帯域利用状況に関するさまざまなデータを解析し、帯域レポートとして表示します。これにより、全体の帯域利用状況の把握が可能です。
  • NBAR (Network Based Application Recognition) (Professional Plus Editionの機能)
    NBARに基づくレポート機能をサポートします。アプリケーションのトラフィックを詳細に分類することにより、アプリケーションごとのサービス品質を設定するためのデータが取得できます。
    HTTP(S)、FTP、IMAP、LDAP、Telnet、MySQL、Exchange Server、SMTP、POP3、WebLogic 等のサービスや、MS SQL Server、Exchange Server などのアプリケーションを監視します。
  • IP アドレスによるグルーピング
    フローデータに含まれる、送信元・宛先のIP アドレスによるグルーピングを行い、その範囲の帯域監視を行うことが可能です。これにより、特定ネットワークアドレスを割り当てられた部署、拠点ごとの監視を行うことができます。
  • アプリケーションのマッピング
    帯域レポートでは、Oracle、PeopleSoftなどエンタープライズ・アプリケーションを容易に識別することができます。また、ユーザ独自のアプリケーションも、ポートとプロトコルの組み合わせから容易に識別することができます。
  • アクセス権限
    異なるアクセス権限を持つユーザを複数作成することにより、ユーザごとにグラフ閲覧やレポート作成などの権限を設定することができます。個々のユーザがそれぞれ担当するネットワークを監視する場合などに有効です。
  • Webベースのリモートアクセス
    Webベースのユーザ・インタフェースを装備しており、Webブラウザひとつで、どこからでもネットワークの帯域利用状況に関する情報を閲覧することができます。
  • アラーム監視機能
    トラフィック使用率でしきい値を設定することにより、しきい値を越えたことを電子メールやSNMPトラップで管理者に通知することができます。これにより、ネットワークのトラブルや過負荷などに早急に対応することができます。
  • Cisco CBQoS に関するレポート (Professional Plus Edition の機能)
    Cisco CBQoS を利用したレポートも表示します。装置上で設定したQoS ポリシーに関する評価を行うことができます。
  • 課金のベースとすることができるデータを生成する機能 (Professional Plus Edition の機能)
    利用帯域ベースの請求データを生成する機能です。請求期間での帯域利用状況のグラフを表示することも可能です。
主な新機能
  • IPSLA/VoIPネットワークの主要パフォーマンス・メトリクス(ジッタ、待ち時間、パケット損失など)の監視の追加(オプション)
  • NetFlow V9サンプリングに対応する機能の追加
  • ASタブ画面でのトップN表示機能の追加
  • SNMP v3に対応する機能の追加
  • 過去15分間および30分間のレポート機能の追加
  • トラフィック・レポートで1分、5分、および15分平均のオプション機能の追加
  • 指定IP アドレスに関するトラフィック情報の検索機能の追加
  • Google Map上の装置アイコン間にリンク線を配置する機能の追加
Professional Edition とProfessional Plus Editionの機能の違い

Professional Plus Edition は、Professional Editionの機能に加えて、次の機能を利用できます。

  • Cisco NBAR レポート
  • Cisco CBQoSレポート
  • 課金のベースとすることができるデータ提供
動作環境
ハードウェア CPU Pentium 4 プロセッサ 以上 / クロック数 2.4GHz 以上 / メモリ 1GB 以上
ハードディスク モジュール150MB 以上 / データ領域 10GB 以上
OS Windows (XP Professional SP1以降/ Windows Server 2003/ Windows Server 2008 SP1以降/ Windows Vista)
Linux (Red Hat Enterprise Linux AS/ES 3/ 4/ 5)
Webブラウザ Internet Explorer 7.0 以上
Firefox 2.0 以上
ライセンスと価格

ManageEngine NetFlow Analyzer 8.0 の主な価格(消費税別)は、次のとおりです。

製品名 Professional Edition
ライセンス料金
Professional Plus Edition
ライセンス料金
10論理インターフェースパック Release 8.0 ¥164,000 ¥245,000
20論理インターフェースパック Release 8.0 ¥306,000 ¥449,000
50論理インターフェースパック Release 8.0 ¥595,000 ¥857,000
100論理インターフェースパック Release 8.0 ¥765,000 ¥1,275,000
250論理インターフェースパック Release 8.0 ¥1,360,000 ¥2,040,000
600論理インターフェースパック Release 8.0 ¥1,700,000 ¥2,550,000

※ 上記ライセンス価格には、初年度の保守サポートサービスが含まれています。

製品情報

※ 本資料に掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。®マーク、™マークは省略しています。

プレスリリースについてのお問い合わせ

【報道関係の方のお問い合わせ窓口】   ManageEngine事業部 マーケティング担当

【報道関係以外の方のお問い合わせ窓口】   ManageEngine事業部 営業担当