RECRUITING

同じチームで働いているマネージャーの先輩社員と入社1年目という新人社員の二人。
仲の良さが垣間見える雰囲気の中、会社のことや仕事への想いなどを楽しく語り合います。

入社4年目
Zoho事業部 営業1グループリーダー
岸本真史

2015年に国内大手IT企業から中途入社。ZOHOの販売代理店で働いていた経歴があり、その頃から当社製品のファンに。営業部マネージャーとしてメンバーを管理する立場にある。

入社1年目
Zoho事業部 営業1グループ
道坂雄大

2019年に新卒入社。インターンシップでクラウド製品を扱う企業で働いたことをきっかけに、この業界を志望するように。中でも、製品数が豊富な当社に魅力を感じて入社を決意。

入社の決め手は、楽しそう

なぜゾーホージャパンを受けようと思ったの?
学生の頃からグローバル企業で働きたいって思ってた?

いえ。実はそういう意識は全然なかったです。ただ、クラウド製品を提供している企業にしぼって就職活動はしていました。
長期インターンシップでクラウドの会計ソフトを提供している会社で働いたのをきっかけに、自分もこんな業界で働きたいと思うようになりました。

でも、クラウドサービスを提供している企業って他にもあるよね。
その中から、なぜうちを?

ゾーホーは提供している製品が45種と他社より豊富なので、
その分、顧客に対して提案の幅が広いんじゃないかと思ったからです。
入社してから、それを把握する大変さはわかりましたが(笑)

それは社員全員が思っているから大丈夫(笑)。
それはさておき、最初会った時から、考え方がしっかりしていて、この業界でこう働きたいという明確な意志がある子だなと感じていました。僕の中ではみちさかくんが入社してからのイメージは固まっていたので、絶対採用すべきだと思っていたし、実際、チームに求めていた人材がこれでそろったと感じています。

それはうれしいお言葉…。僕も最後の決め手は、この会社は楽しそうだと思ったのが一番です。サービスはもちろん、日本市場をこれからどんどん開拓するぞという会社の規模感や姿勢に魅力を感じましたし、自分の上司になるかもしれないきしもとさんと話がしやすかったというのも、かなり大きかったです!

中小企業を元気にする。その想いは一緒。

実は、僕、日本の中小企業を元気にしたいと思ってるんです!
うちが提供している45種の製品の中のどれかはどこかの会社の経営課題にマッチしていると思うので、それを見つけて解決していくのが自分たちの仕事じゃないかと。

素晴らしい志だね!
まさしく僕がこの会社に入った理由も同じで、うちの製品は中小企業が抱える課題を解決できる製品だと身をもって知っていたので、そこを考えて入社したし、それこそがやりがいだと。不思議とここにいる人は、みんなそういう想いを持って入って来るんだよね。

そのおかげか、働き始めたばかりの時もすんなり溶け込めたような気がします。
いきなりいろいろ任されて緊張しましたが、困ったらまわりの人になんでも相談できるし、みなさんフィーリングが合うって感じがしますね。

それは、会社が理念経営をしているおかげでもあるかな。ゾーホージャパンの理念に共感した人が入社して来るわけだから、同じような想いを持った人が集まるのは当然かもね。
あと、うちの採用基準としてあるのが、テクニカル面だけを見るのではなく人格も見て採用を決めること。むしろ、スキルより人格重視かも。そういう意味では、なぜかうちには落ち着いた感じの人が多いよね?

僕もみんなから落ち着き過ぎってよく言われます…。
自分の中では新人らしくフレッシュさを出しているんですけど(笑)

向いているのは、挑戦志向の人

そんな僕がお聞きしたいのですが、この会社にはどんな人が向いていると思いますか?

全社的に言えることは、ゾーホーは日本ではまだまだこれからの会社なので、現状維持で安心というより、日本市場をどんどん開拓して大きな会社にしていくぞという挑戦を楽しめる人かな。

それは同感です。
僕自身の入社の決め手もそこでしたし、まずは仕組みの部分から作りあげていくという話を伺って、なんておもしろそうなんだと思いました!

グローバルで見ると、インドのゾーホー本社をはじめ世界各地に支店があって、どこも右肩上がりに成長しているので、僕たちもそれに追随していく必要があります。日本ももっと社員を増やしていかないといけないと思っています。

組織としても進化しつづけなければいけないんですね。

ゾーホーの特長は製品数が多いのもさることながら、製品の開発スピードがとてもはやいこと。
どんどんバージョンアップされるし、どんどん新製品が追加されるので、常に製品や技術のことを学び続けなければいけないんだよね。。

僕もいつもドキドキしています。とにかくスピード感がすごいですよね。
でも、これこそがグローバル基準なんだと。

もちろん大変なんだけど、そこが楽しみでもあるんだよね。
だから、みちさかくんのように根っからのチャレンジ志向を持っている人だと、とてもやりがいを感じられる環境なんじゃないかな。

ますます身が引き締まります。
まずは早くチームリーダーになれるよう頑張ります!
ありがとうございました。